獺祭スパークリング50は日本酒です

獺祭スパークリング50はアルコール度の低いスパーリングワインではなく日本酒です。ただし、飲み心地は非常に軽いのでごくごく飲めると錯覚を起こしそうです。気の合う友達と乾杯を繰り返してしまうと倒れます。

ただし、美味しいので食事時に飲まないという手順は考えないほうがいいです。獺祭スパークリング50を飲むタイミングはアペリチフの後の食事中にしてください。このタイミングで飲むとお腹に食べ物が入っているのでアルコールがグッときません。

また、獺祭スパークリング50には癖がありませんのでどんな食品にも合います。食間に飲むと口の中が洗われる感じがしますので、食べたものの味がはっきりとわかり美味しさは勿論、極端に言えば不味さもわかります。不味かった場合は直ぐに獺祭スパークリング50を飲んでください。口直しになり次に食べる食品に影響を与えません。

何時迄も同じ物を飲むのは中々出来ないと思います。2次会に行って何を飲もうかなと考え、迷う方もいると思いますが獺祭スパークリング50は中性的なお酒ですので、日本酒であろうがウイスキーであろうが全然気になりません。

ただし、獺祭スパークリング50が飲みやすいのでこれを飲み過ぎてしまう恐れのほうが強いです。