獺祭スパークリングは賞味期限にかかわらず早めに味わいましょう

日本酒は、充填後1年以内が賞味期限になりますから1年が賞味期限と言えます。
開封後は酸化で味が変わりやすくなるので、冷蔵庫で保管して早めに飲み切ってしまうことが深い味わいを楽しむやめに必要です。

生酒やスパークリングは、冷蔵庫で保管するか冷暗所での保管がベストになります。生酒は、開封しなくても1週間以内、その他のお酒も1~2か月をめどに飲み切る事が作法で、賞味期限はあくまで飲めるという事と考えましょう。

スパークリンクは常温で味わうものですから開封後は早めに飲み切ることが重要になります。

日本酒で、発泡の成分が苦手な人でも飲める日本酒として有名なのが獺祭スパークリングです。スパークリングは、発泡酒ですから爽やかな口当たりがよい炭酸の香りが日本酒とマッチングして美味しくいただけます。

ただし、高精白のお酒は熟成度も違ってきますから、炭酸ガスの影響で酸化が抑制されるかもしれません。日本酒としての味わいに影響がでることには変わりがありません。

日本酒を愛する人にとって上立ち香が弱くなることは賞味期限を左右する重大な問題です。
これは発泡酒といえども同じです。優れた純度の日本酒は早めに味わうのが作法です。あくまで日本酒の賞味期限は1年いないですができるだけ早めに味わうことが、本来の獺祭スパークリンクを美味しく飲むコツだと考えましょう。