常温で飲んでも美味しい!獺祭スパークリングの魅力

人気の日本酒の獺祭にスパークリングがあるのをご存知ですか?

獺祭スパークリングは、甘みと香りのバランスに優れたフルーティーな味わいのお酒です。シャンパンのようにシャンパンクーラーなどで氷水に20〜30分つけて冷やして飲むのがおすすめです。
10〜12℃か常温で飲んでも、香りと旨味の変化を楽しむことができます。

スパークリングの場合、保存は必ず冷蔵庫でするようにしてください。
特に賞味期限は設けていませんが、保存は、1〜2ヶ月を目安に早めに飲むことをすすめます。

一度開封してしまうと酸化が進んでしまうので、2〜3日のうちに飲みきるようにしましょう。美味しく飲むためにグラスにこだわってみるのもいいかもしれません。

ワイングラスや飲み口の広い盃は、香りが感じやすくなるので、ぜひ試してみてください。
日本酒といえば和食のイメージですが、シャンパンのような獺祭スパークリングは、香りや味に奥行きのある洋風の肉や魚料理、チーズなどにもよく合います。

また、さっぱりとしたスパークリングは、揚げ物などの油を使った料理にもマッチします。
アイスクリームやフルーツなどのデザートと一緒に楽しむこともできるので、パーティーのような大勢が集まる場所にもぴったりなお酒です。