獺祭スパークリングの気になる保存方法は?

獺祭スパークリングを購入して、良い状態で保存しておきたい保存方法ですが、必ず冷蔵庫に入れておいてください。
冷蔵庫に入れられない場合でしたら直射日光に当たらないようにすることが大事で冷暗所での保管となります。

保存期間になりますが、生酒の場合は1週間以内となりますが、その他の種類に該当する獺祭スパークリングの場合ですと1か月から2か月が目安となりまして、なるべく早い段階で飲むようにしてください。
この保存期間は開封していない状態での目安となりますから開封しているのであればスパーリングですので、できるだけその日に飲んでしまうのが良いでしょう。

基本的にお酒は時間経過と共に酸化してきますから、できるだけ早く飲まれた方が美味しく頂けます。
得に獺祭スパークリングは冷やせば冷やすほど美味しく頂けると言われていますので、常温だと鮮度も落ちますし保存方法も飲み方も思いっ切り冷やすなど工夫してみると良いでしょう。

冷蔵庫で保存する際も瓶を寝かせるのではなく、立てておくことが大事で、できる限り空気に触れないようにして酸化を防ぐのです。
一度でも封を開けていると泡が抜けていってしまうので、どうしても飲みきれない場合はしっかりと栓をしておきましょう。