獺祭スパークリングにはどんな種類があるの?

獺祭とは、獺(かわうそ)に祭りと書いて獺祭(だっさい)と読む日本酒のことです。

獺祭は、山口県岩国市にある旭酒造で作られており、日本酒の好きな人の間だけでなく、居酒屋にも置かれるようになったことで日本酒に詳しくない人にも知られてようになってきている有名な日本酒です。

獺祭がなぜ有名かというと、酒米の王様と呼ばれる山田錦のみを使っているから。さらに、その山田錦の雑味を取り除くため、山田錦を50パーセントまで磨いて醸している純米大吟醸なのです。
また、遠心分離システムを用いているため、日本酒への負担が少なくなり香りが残りばらつきが少ない日本酒を作ることが可能になっています。

その旭酒造が作っている獺祭スパークリングは2種類あり、1つ目は『獺祭磨き三割九分スパークリング』で、純米大吟醸のにごり酒の上に味の緻密さ、繊細さを重ねた味わいとなっています。

そして2つ目は、『純米大吟醸スパークリング50 』です。こちらは、にごり酒だからこそ分かる山田錦の米の甘み、瓶内二次発酵が生み出す爽やかな発泡性、繊細かつ骨太の純米大吟醸が見せる鮮やかな味のキレが特徴です。

どちらも癖になる口当たりで、山田錦の甘みや味のキレが堪能できるので、女性でも飲みやすく人気となっています。